ペラルゴニウムのカルノーサム

今日はペラルゴニウム。

その中でもまずは実生のカルノーサム。
一昨年蒔いたカルノーサムが結構大量に育ってます。

Pelargonium carnosum
画像


実生って同じ数蒔いても条件がハマるかハマらないかで全然育つ数が違うんですよね。
いやもちろんベテランになると安定した育成が出来るのでしょうが、自分レベルだとなかなか・・・・。

そしてたまたま発芽率やら成長環境やらの条件が良かったのが一昨年の実生。
それほどたくさん蒔いたわけではありませんがたくさんの苗を得る事が出来ました。

既にいくつか里子に出してもこの数。

画像


一本一本も徒長も無く良い感じに育ってます。


そしてもう一本実生のペラルゴ。

Pelargonium crithmifolium
画像


これはいくつか頂いた実生苗のうちの一本。
薔薇好きの方から頂きました。

成長力は相当なもので、絞めて育てているにも関わらずグングン伸びます。

画像検索なんかすると太い茎の株が結構見られるのですが、どれも伸び気味な株が多く・・・・。
そういう種類なのかもしれん。

取り敢えず上への成長はこの辺で止まってるみたいな気がするので、このまま幹が太くなって・・・って感じになるのかも。
剪定したほうが良いのかしら?


そしてついでなので実生じゃないペラルゴニウムも紹介。

とは言え、野生採集株って訳でも無いと思うので「実生じゃない」・・・って表現にはいつも疑問を感じるのですが、ここでは成株を購入したものって意味でひとつ。

Pelargonium triste
画像


トリステは塊根が特に良く太るのが特徴のペラルゴなのですが、大きい塊根になるにはかなりの年月が掛かる・・・・と言う事で年数が経った成株を購入したつもりだったのですが、掘り出してみると全然ちいさい塊根で、実生年月はたいして経ってない株だったのかもしれん・・・。

ま、ホントに立派な塊根になった株はアホみたいな値段がついてたりするので、育てる楽しみって意味でも良かったのかも・・・と無理矢理自分を納得させてます。

ニンジン葉の種が多いペラルゴ属の中でも特にニンジンそっくりの葉をもつペラルゴです。

Pelargonium mirabile
画像


某海外の通販サイトではすっかりお馴染みのミラビレ。
黒い幹と枝ぶりの良い形が特徴ですが、うちに来て年月を経るにつれて幹の色が徐々に黒くなくなってきたような気がする。

このまま普通の木のような幹になってしまうのかしら?
どうなの?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック