シストフィラの花

先日お知らせしたシストフィラの花です。 先日の記事ではまだ蕾でしたが、花が咲きました。 Aloe compressa var schistophila ピンク色の花で花弁がクルンと外に丸まる。 聞いていた通りの花です。 アロエの花としてはあまり見ないタイプかもしれません。 しかも、花茎がギューんと伸び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アロエが焼ける季節

アロエの葉は焼けます。 いつでも焼けるのですが、特に今の時期、涼しくなったな~、日差しが弱くなったな~・・・と思った頃に急に真夏並みの日差しの日などがあると一気に・・・・・。 Aloe somaliensis 焼けてしまうんです。 前日に水遣りなどして葉の表面に水が残ってたりすると特にです。 しかもこのソマリエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きてた!メセブリ

ホントに死んだと思ってました。 いや、夏の間メセブリの葉が消えてなくなることは今までにも何度もあったのですが、今回はちょっと違ったんです。 溶けるように、まさにダメになるときさながらに葉が溶けました。 今年の夏はとても暑く、実際に葉が無くなったのも事故かも知れません。 でも・・・・。 Bulbine mesembr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクバス!!!!!

本日10/14はイベントでした。 アクアリウムバス浅草。 理由は言えませんが最近比重はここです。 アクアリウムバスと言っても、別に熱帯魚目的では無く、相変わらず目的は植物です。 植物も結構出店されてるんですよね。 微妙な立場なのであまり詳しいことは書けませんが・・・・。 こんなのとか。 こん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渦巻きアロエ

最近ポリフィラはホームセンターでも売られるようになりましたね。 ごく一部のホームセンターにしかないようですが、ポリフィラが比較的お求め安い金額で買える時代。 ポリフィラはとても地植え向きのアロエだと思います。 いや、むしろ単に地植えより露地植え向きと言えるかもしれません。 夏は鉢植えだとすぐに蒸されて腐りますので、地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うちの女王錦

アロエの女王錦です。 うちの女王錦はこれ。 Aloe parvula うちで播種した実生苗です。 女王錦は同じ種の中でもタイプ違いが多いように感じてます。 アロエ 女王錦 などで画像検索すると分かりますが、色々なアロエが出てきます。 そんな中でうちの女王錦もちょっと変わり種。 たいして珍しい訳では無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リトープス咲く

リトープスの花期っていつなんでしょう・・・・。 いつ咲いてるのかあまり認識してないのですが、春秋が多いのかな? 何にしてもチョコチョコ咲いてるような気がします。 種類によって花期も色々なんですかね。 今回咲いたのはこれ。 C362 Lithops bromfieldii var. insularis Sulphur…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後のウンカリーナ

今日は大きいウンカリーナ。 先日上をカットしたウンカリーナです。 もとの状態はこれ・・・・。 Uncarina decaryi 見て分かりますが切った後の写真です。 切る前は・・・・・・。 っていうかこの記事を見て貰えば良いのか。 https://kamemushi01.at.webry.info/20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Aloe dorotheae

ドロテアエは赤いアロエです。 本来なら・・・・。 もちろん赤い色は環境によるもので、育て方によっては出たり出なかったり。 と言う訳なのでうちのドロテアエも赤くないです。 Aloe dorotheae ホントに全然赤くない・・・・。 当然これで良しとしているわけでは無いのですが、どうしたら赤くなるか分からないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鮫肌アロエ

今日はアロエ。 あれ? アロエって久しぶり? いや、そんな訳ないよね・・・・。 今日のアロエはトルンクロフティー。 珍品です。 肌の質感は鮫肌のようにザラザラしてるのが特徴なので鮫肌アロエとかって良く呼ばれます。 Aloe thorncroftii これこれ。 実生苗なのですが、それほどたくさん育っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長いサボテン

今日はペニオセレウス。 実生苗です。 今回の実生はとても順調に育ってます。 ところでこれは柱サボテンなのでしょうか? Peniocereus greggii かなり細いですが、形は柱です。 実際、最大3mくらいまでにはなるそうですが、このまま一本でなるというよりは枝分かれして総高が3mと言う感じではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルバチカがお目覚めです

実生のシルバチカです。 ディオスコレアは何だかんだでやっぱり休眠明けが一番のネックですよね。 休眠明け・・・・というか、ちゃんと目覚めてくれるかどうか・・・・。 特に実生苗は目覚めることなく終わるケースが多かったりして・・・・。 そんな感じですが実生苗のシルバチカ、一部ちゃんと目覚めました。 Dioscorea s…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もパキポディウムが終わる季節です

毎年当然のように訪れますが、今年も秋になりました。 パキポディウムはそろそろ休眠に入る季節ですね。 パキポディウムは春にしっかり置き場所を変えてやらないといじけてしまうので、今年は比較的上手く行きました。 思えば去年は酷かった・・・・・。 まぁそれはそうと今年のロスラーツム。 Pachypodium rosulatum…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翠晃冠の実生苗

今日は実生のサボテン。 翠晃冠です。 蒔いたタネは翠晃冠錦、つまり斑入りのタネを購入して蒔いたのですが、ご存知とは思いますが必ず斑入りになるとは限りません。 寧ろタネによっては全然出ない事の方が多いくらい。 斑入りが出たらラッキーってくらいのもんです。 そんな今回の実生苗。 以前にも少しお伝えしてますが・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒長笛吹

笛吹は苦手です。 今まで何本ダメにしたか・・・。 特に夏の暑さに弱いようです。 去年入手した輸入の笛吹。 これです。 Maihuenia poeppigii 輸入時の姿がこれです。 これをどうやって夏越しするかな~と色々考えた結果、日の当たらない涼しい場所に仕舞い込み・・・・。 徒長しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボロボロのパキポ

ある時、テンションが上がって探し回って購入したものとかでも、マイブームが過ぎると飽きてしまって・・・・ってことないですか? そんな感じで放置されて気が付いたらこんなになってたパキポ。 Pachypodium horombense かなり釣鐘型の花を咲かせるホロンベンセなのですが、もうボロボロです。 何故ここまで行った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑の饅頭の群生

今日はロホホラ。 仔吹きの烏羽玉です。 毎年、ハダニに齧られながらもそれを上回る成長力で増え続けている烏羽玉。 今年もこんな感じです。 Lophophora williamsii ね、いっぱい齧られてるけど育ってるでしょ? それでも例年は齧られて育たなかった部分が残ったりするのですが、今年は頑張りましたね~。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンタグナッキーを斬る

今日はアローディア。 つい最近紹介したばかりかと思いますがモンタグナッキーです。 突然ふと思いついたのですが、これ・・・・・。 Alluaudia montagunacii 切っちゃおうかな・・・・と。 枝が二本あるし、これ以上高く育っても手に余るし。 枝の長さ的にもそろそろ切り時かなぁ・・・と。 いつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅い球根

球根・・・・なのかどうか微妙なところですが、今日はシンニンギア。 いや、球根って感じでは無いですかね。 芋ですかね。 コンスピキュアです。 例年、全然咲かなかったコンスピキュア。 今年は盛大に咲きました。 写真は既出なのでここでは省きますが、咲いた後・・・・・。 Sinningia conspicua 急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more