実生のカルノーサム。

今日はペラルゴニウム。 カルノーサムです。 去年蒔いたカルノーサムのタネですが、結構成長しました。 Pelargonium carnosum ので、植え替えです。 ペラルゴの成長は早いですね~。 とは言え成長具合はまちまちで。 まぁ実生では当然のようにまちまちが普通なんですがね。 ひとつのキューブ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ウンカリーナ グランディディエリ

3日前の記事の大きなウンカリーナのデカリー。 その隣に並んでいたもう一本の大きなウンカリーナの話です。 ウンカリーナのグランディディエリ。 この種はシャンプーの木とか呼ばれてるらしいです。 Uncarina grandidieri 3日前のデカリーとは違って、大勢に問題は無いのですが、かなり大きくなりましたね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘデフォリウム咲く

今年も楽しみにしていた花が咲き始めました。 Cyclamen hederifolium これ。 見ての通りシクラメンですが、基部はこれです。 シクラメンは塊根なのか球根なのか・・・その辺は良く分かりませんが・・・・・。 なんにしても塊です。 大きい塊です。 趣向としては塊根マニアに受けます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キワキワのホロンベンセ

ホロンベンセです。 パキポディウムですね。 うちにあるこのホロンベンセ。 Pachypodium horombense 実は夏の初め頃、根が殆ど死んでましてかなり際どい状況でした。 チョロチョロと葉は出るものの元気はなく、大丈夫かなぁ?と思っておりました。 根が無いからちょっとした風ですぐ倒れるし・・・・。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大きいデカリー

このウンカリーナを上げる時はすっかり「おおきい」がキーワードになってしまいましたが、事実上かなりの大きさのウンカリーナ。 デカリーです。 Uncarina decaryi この大きい二本の左側の方。 横から見るとこんな感じです。 ミカンの木を避けるように曲がってる・・・・。 いや、もともと曲がって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンタグナッキー

今年はあまり紹介しなかった感のあるアローディア。 夏の終わりですがモンタグナッキーでもエントリーしてみようかと・・・・。 ジワジワではありますが育ってるモンタグナッキー。 プロセラと比べると成長速度は遅いですが、アローディアなのでそれなりには早いです。 いや、分かりにくい表現をしましたが、普通に成長します。 プロセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実生の亀甲竜もお目覚め

さて、つい先日亀甲竜が目覚めた記事をエントリーしましたが、実生の亀甲竜も目覚めました。 Dioscorea elephantipes それほどたくさんは無い実生の亀甲竜ですが・・・・。 そのうち一本が・・・・。 目覚めてます!! 良かった良かった。 一本でも無事で良かった・・・。 他のもちゃんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶色いハオルチア

ハオルチアです。 タイトルの通り、茶色いハオルチア。 茶色いハオルチアは沢山あるのですが、茶色と言えばチョコの色。 であるからして、チョコの名が付いている茶色いハオルチアは多いですね。 そんなひとつがこれ。 チョコバディア チョコバディア、茶色です。 環境が整わないと茶色にならない・・・なんてのも多いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変なランポー

変なランポーが育ってしまいました。 前にもお伝えしましたっけ? これです。 ランポー玉 実生のランポー玉。 もちろん最初は普通に育ってたランポー玉でした。 それが今はこんな・・・・。 何があったのか、恐らくほとんどの方がお分かりとは思いますが、ハダニに食われて死にかけたのです。 そして普通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のコノフィツム休眠状況

毎年コノフィツムは休眠が肝です。 ここでいつも失敗してダメになります。 去年はそれでも思いのほか上手く行って、比較的多くのコノフィツムが生き残ったわけなのですが、今年は・・・・・。 まずはこれ。 Conophytum cupreatum Dooddrink, Kliprand tiny deepbrown …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エルンスティ!

もうとっくに秋ですね。 冬型の植物がどんどん目覚めてます。 これもそのひとつ。 Plectranthus ernstii すみません・・・・ちょっと写真がアレですが・・・・。 どちらにしろもうすっかり葉が茂っていて全体像を撮っても葉しか映らないような状態です。 何とか撮った塊根はこんな感じ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンニンギアヨトウ

ある日、虫の糞を見付けました。 これは間違いなく何か居る・・・・・。 と思って探したところ、居ました居ました。 それにしてもこのヨトウ、シンニンギアしか食べてません。 シンニンギアと言えばイワタバコ科。 ヨトウムシはイワタバコに憑きやすいんでしょうか? ヨウトウガについて調べてみましたが良く分かり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年は凄い大きくなった白馬城

白馬城です。 パキポディウムですね。 なんだか虫が湧いてたようなので処理しておきましたが・・・・・。 一番大きい白馬城です。 しかしこれ、なんだろ・・・・。 蜘蛛じゃなさそうだけど、やっぱりハダニかなぁ・・・・。 随分気付かないまま凄い巣がはっちゃったけど、特に被害は出てないのよね。 う~ん・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の亀甲竜

今日は亀甲竜。 なんと亀甲竜。 亀甲竜についてはもう説明の必要は無いかと思われますが、これです。 Dioscorea elephantipes これはボチボチ大きい亀甲竜。 うちでは二番目の大きさの亀甲竜。 これが、なんと。 目覚めました!! それだけ・・・・・。 いや、実はもう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実生袖ヶ浦

袖ヶ浦のタネを頂きました。 その袖ヶ浦の現況です。 Eriocereus jusbertii こんな感じ。 とても良く育ちますね、さすがに。 成長は早いし生存率も高い。 さすが優秀な台木です。 きっともっと上手い人が育てれば一年で台木として使えるくらいに成長しそうな感じ。 形もちゃんと袖ヶ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

白馬城の枝ぶり

今日は実生の白馬城。 以前こんな記事を上げました。 https://kamemushi01.at.webry.info/201805/article_8.html この記事の二枚目の写真の木。 現在とても良い感じに育ってます。 Pachypodium saundersii 全体的な形は変わらないまま基部が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリトロフィラ錦?

アロエのエリトロフィラです。 正確なスペルはAloe erythrophylla。 エリスロフィラ・・・って読んだ方良いのかしらね・・・。 まぁその辺は、セレウスとケレウスの違いだったり、ハオルチアとハオルシアの違いだったり・・・・。 他言語を日本語に直すときのニュアンスの違いなので勝手にどうとでも読んでください。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初花シストフィラ

初花と書きましたが、まだ蕾です。 実生で育ててウン年・・・・・。 何年だろ、過去の記事を検索すると2012年に蒔いてるっぽい。 もう6年も経つんですかね。 シストフィラ、互生の小型アロエでとても良いです。 個人的には大好きです。 そんなシストフィラに初めて蕾が付きました。 Aloe compressa va…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日はアローディア。 アローディアと言っても色々ですが、今日のアローディアはフンベルティーです。 トゲバットで有名なアローディア属ですが、フンベルティーはトゲバットと言う感じではないですね。 Alluaudia humbertii フンベルティーはこんな感じでうちでは結構増えてます。 増えてるという言い方は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芽が出てこないボンバックス

ボンバックスです。 うちのボンバックスは殆ど実生もの。 一本だけ違うのがありますが殆ど。 自家実生なので小さいうちから形を整えて育ててますので、そこそこに良い形にはなってます。 が・・・。 Bombax ellipticum 今年は芽が伸びない一本が・・・・・。 死んだわけではないんです。 チョイチョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more