テーマ:パキポディウム

今年もパキポディウムが終わる季節です

毎年当然のように訪れますが、今年も秋になりました。 パキポディウムはそろそろ休眠に入る季節ですね。 パキポディウムは春にしっかり置き場所を変えてやらないといじけてしまうので、今年は比較的上手く行きました。 思えば去年は酷かった・・・・・。 まぁそれはそうと今年のロスラーツム。 Pachypodium rosulatum…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボロボロのパキポ

ある時、テンションが上がって探し回って購入したものとかでも、マイブームが過ぎると飽きてしまって・・・・ってことないですか? そんな感じで放置されて気が付いたらこんなになってたパキポ。 Pachypodium horombense かなり釣鐘型の花を咲かせるホロンベンセなのですが、もうボロボロです。 何故ここまで行った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キワキワのホロンベンセ

ホロンベンセです。 パキポディウムですね。 うちにあるこのホロンベンセ。 Pachypodium horombense 実は夏の初め頃、根が殆ど死んでましてかなり際どい状況でした。 チョロチョロと葉は出るものの元気はなく、大丈夫かなぁ?と思っておりました。 根が無いからちょっとした風ですぐ倒れるし・・・・。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今年は凄い大きくなった白馬城

白馬城です。 パキポディウムですね。 なんだか虫が湧いてたようなので処理しておきましたが・・・・・。 一番大きい白馬城です。 しかしこれ、なんだろ・・・・。 蜘蛛じゃなさそうだけど、やっぱりハダニかなぁ・・・・。 随分気付かないまま凄い巣がはっちゃったけど、特に被害は出てないのよね。 う~ん・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬城の枝ぶり

今日は実生の白馬城。 以前こんな記事を上げました。 https://kamemushi01.at.webry.info/201805/article_8.html この記事の二枚目の写真の木。 現在とても良い感じに育ってます。 Pachypodium saundersii 全体的な形は変わらないまま基部が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きいパキポ

うちにある一番大きいパキポ。 これです。 Pachypodium ramosum 頂き物のパキポディウム ラモスム。 すっかり大きくなってしまいました。 既にビニールハウスに葉が当たってるので、こんな場所に置いておくべきでは無いのかもしれませんが・・・・。 まっすぐ伸びてくれれば良かったのですが、一回成長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィヘレネンセず。

今年もえらく順調に育っております。 フィヘレネンセの実生苗。 こんなにたくさん要らない・・・ってくらいの本数があったのですがいつのまにかあと僅か。 Pachypodium fiherenense 3本か・・・4本か・・・・そのくらい。 中でも良い感じなのがこれです。 一本立ち…って言っていいのかど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大株白馬城

今日はパキポディウムです。 パキポディウムのサンデルシー。 和名 白馬城。 頂き物の実生苗の白馬城ですが、かなり大きくなってます。 大きくなるというか・・・高くなってます。 Pachypodium saundersii どんどん縦にばっかり伸びちゃってどうしよう・・・と思っていたのですが、最近になって下部に枝が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きいパキポを植え替えます

うちにある一番大きいパキポ。 これです。 Pachypodium rosulatum ロスラーツムですね。 今年は多分花が咲いてない・・・と思います。 花は見てないんだけど、花芽のような物があったような気もするのでもしかしたら咲いたのかもしれませんが・・・・。 でもって、来年ももしかしたら咲いて貰うために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これはたぶんグラキリス

パキポディウムです。 うちにある一番大きいグラキリスだと思っていたパキポディウムですが、グラキリスでは無いことが判明したのでロスラーツムです。 決め手は花の大きさです。 Pachypodium rosulatum そんなわけでうちにあるグラキリスは2本になりました。 厳密にいえば実生苗が数本ありますのでかなり本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビスピノーサムの地面の下。

今日はパキポディウム。 ビスピノーサムです。 実生のビスピノーサムですが、現在こんな状態です。 Pachypodium bispinosum 漠然とですが・・・今年で4~5年目の苗。 ・・・・ホントに漠然・・・・。 で、この苗、何故か上に育ちません。 いや、枝はどんどん上に伸びて行くのですが、どこかで止まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおきいグラキリス

グラキリスです。 大きなグラキリスが今年も動き始めてます。 もうそんな季節ですね。 いや、とっくにか・・・。 さてグラキリス。 だっけ? 花がことのほか大きかったのでグラキリスじゃ無いと判明したんだった、そうだった。 Pachypodium rosulatum 子分カタバミをいっぱい引き連れて今年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンデルシーの実生苗

サンデルシーです。 和名が・・・・白天馬だっけ? 違う、白馬城だ。 で、そのサンデルシーの実生苗。 Pachypodium saundersii まぁだいたいこんな感じで育ってるのですが、1本だけ・・・・。 何がどうなってこうなったのか良く分からないのですが、とても面白い。 裏側もこんな感じで。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pachypodium fiherenense

フィヘレネンセです。 うちで実生した木です。 現在こんなになってます。 Pachypodium fiherenense 見ての通りですが、拗れてる・・・訳では無いのですが真っ直ぐは育ってません。 なかなか・・・・真っ直ぐって難しい・・・・。 先が死んでしまったりとか・・・・。 おそらく虫による被…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立派になってきたビスピノーサム

実生苗です。 ビスピノーサム。 播種から2年が経ちまして、かなり大きくなってきました。 Pachypodium bispinosum こうなってくるとこの土の中がどうなってるかが楽しみになります。 こうなってました! 土の中のほうが大きかった! 氷山の一角とはこのことですね。 この木、殆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンデルシー・・・

サンデルシーのその後です。 前もって言っておきますが、今日の記事はたいした記事ではございません。 もっと言ってしまうとこのブログの記事は毎回たいした記事ではございませんが・・・・。 さて前回萌芽しはじめたサンデルシー。 それから月日がたちましてかなり葉がワサワサになりました。 Pachypodium saunder…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全節から萌葉

今日はパキポディウム。 昨日に引き続きパキポです。 もうそんな時期です。 そしてパキポの中でも今日はサンデルシー。 和名 白馬城というやつです。 頂き物の強刺のサンデルシー。 Pachypodium saundersii 縦にずいぶんと伸びちゃってどうしたもんかと思っていたのですが、下部の成長が結構いちじる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えびす様、大黒様

今日はパキポディウム。 この時期にパキポディウムということはつまり・・・そうです、いつものやつです。 と言うわけで今日はいつものやつ。 春の萌芽の記事です。 もうかれこれ数年が経ち、どうやって入手したものかも忘れてしまったほど長くうちに居るえびす大黒。 Pachypodium densicaule 成長は比較…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実生光堂

実生の光堂です。 光堂はかつてワシントン条約のサイテス一種でしたが、今は違う・・・と記憶しておりますがあってる? 外れた・・・んですかね?ワシントン条約から。 それとも二種かなんかに格下げされたんだっけ? ま、調べればすぐ分かるんですけど今日はそう言う話ではないので。 と言うわけで実生の光堂。 現在の様子です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬城休眠中

白馬城です。 パキポディウム。 昨日もパキポディウムでしたが今日もパキポディウム。 恐れ入ります。 白馬城は例年、葉が落ちないことが多いのですが、今年は葉が落ちました。 特に大株。 Pachypodium saundersii なんだか大きくなるほど休眠しやすくなるような気がする白馬城。 そういう法則って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のウインゾリーの冬越し

今年はウインゾリーはビニールハウスでの冬越しです。 寒さに弱いと言う印象が凄くあるので毎年ガラスケースで加温して冬越ししてたのですが、今年は何となくビニールハウス。 意外と行けるんじゃね? という根拠のない地震が裏付けです。 裏付けでもなんでもありませんが・・・・。 で、どうなっているかと言うと・・・。 Pachyp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンデルシーの初花

今日はパキポディウム。 こんな季節にパキポディウム。 殆どのパキポディウムが休眠している中、なんと花が咲いたパキポディウムがあります。 Pachypodium saundersii サンデルシー。 和名は白馬城。 白馬城ってなんでそんな名前付いたんだろう?・・・って思ってたけど、なるほど白花なのね。 うちで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

パキポディウムの光堂

そもそも光堂ってなんのことでしょう? wikiで調べると金色堂のことらしいです。 ふ~ん・・・。 でもって、そんな名前が付けられたパキポディウムがあります。 これ。 Pachypodium namaquanum ちなみにこちら、去年タネを蒔いた実生株です。 去年蒔いたにしては大き過ぎるんじゃね?・・・と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のパキポ

今年のパキポディウムです。 パキポだけではないですが、塊根の類は秋に一気に太る傾向があります。 冬の休眠に備えて栄養を蓄えるためだと思われますが、要は今が一番成長する時期だと言う事です。 Pachypodium ambongense 一本だけ育ってる実生苗。 アンボンゲンセは全体的に発芽も成長も悪く諦めてたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンデルシー実生

パキポディウムのサンデルシー。 和名 白馬城です。 パキポディウムの中では比較的人気は無いほうのようですが、それでもパキポディウムはパキポディウム。 個人的にはなかなか良い種だと思ってます。 頂き物のサンデルシー。 Pachypodium saundersii 上に結構伸びました。 パキポディウムは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恵比寿笑いの植え替え

実生の恵比寿笑いです。 まずはこれ。 Pachypodium brevicaule 3年目・・・かな?の苗です。 結構大きくなりました。 丸っこいのは地上部だけで、下の方は尻窄みになってました。 変な形・・・。 地上部との切れ目のところに苔が生えているのも変な形に拍車をかけてます。 でもま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実生ビスピノーサム

さて、そろそろネタが尽きますが今日も実生。 パキポディウムのビスピノーサムです。 去年蒔いたタネはそんなに多くないのですがぎゅうぎゅうに育ってます。 なかなか上々じゃないでしょうか。 Pachypodium bispinosum 全部で9本。 小さいのから大きいのまでいろいろです。 1番左のなんて発芽時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実生恵比寿笑い

またまた実生の話です。 今日は恵比寿笑い。 可能な限り毎年蒔きたいパキポディウムです、個人的に。 毎年頑張ってタネを探してるんですが、なかなか売ってないんですよね。 ま、それでも買えるだけまだマシなほうかもしれませんが・・・。 Pachypodium brevicaule 今年の・・・と言うか昨年蒔いた実生苗は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

実生光堂

去年も光堂のタネを蒔きました。 光堂とはつまり、ナマクアナムのとこですね。 実生の幼苗は比較的良く成長します。 現在このくらい。 Pachypodium namaquanum 1年でこのくらい成長するなら早いほうでしょう。 栽培が上手い人はサボテンでも1年でこのくらいにするらしいですが、うちでは無理です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬城!

パキポディウムです。 白馬城。 パキポディウムはマダガスカルっていう印象ですが、これはマダガスカル産では無いパキポディウム。 だからどうしたって事はないですが、自生地域が結構寒いらしく、比較的寒さに強いです。 そんなわけで冬でも葉が落ちない実生苗。 Pachypodium saundersii わさわさ葉が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more