テーマ:ユーフォルビア

綴化キリン

今日は綴化のキリンです。 キリンも花の色から何からと園芸品種が色々とあり面白い品種ですね。 その中でも今日は綴化のもの。 綴化のキリンも暫く育ててると綴化では無い部分が多くなってきます。 メインはこんな感じの枝。 Euphorbia milii 真っ直ぐ上に向かって枝が伸びてます。 全然綴化じゃありません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴッドではなくゴット

と言う訳で、ゴッドレベイではなくゴットレベイです。 神は関係ありません。 ゴットレベイ、かなり強靭な品種で、思いつく限り植え替えをしてないのですが問題無く育ってます。 Euphorbia gottlebei 寧ろあまり手を入れちゃうと上に長く伸びてしまいそうで・・・・それが嫌で躊躇してる部分も無くはないのですが、ま、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリダ!(オベサ?)

バリダです。 ユーフォルビアです。 二本ありますがどちらも実生したものです。 しかも同時播種。 恐らくは同じ木から採れたタネだと思うのですが・・・・・。 そのうちの一本がこれ。 Euphorbia valida バリダから採れたタネだけにバリダになりました。 まだ花が咲いてくれないのでバリダっぽさが薄いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イネルミス実生

実生のユーフォルビア イネルミスです。 タネを貰って蒔いて結構芽が出たのですが、何だかんだで残ったのが二本。 その二本とも夏の間は順調に成長してましたが、寒くなり始めた頃に一本がダメになりました。 そんな感じで今の鉢はこんな。 端っこに変なコーデックスが生えてるのは気にしないでください。 勝手に侵入したツベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エスキュレンタを小分けに(ゴルゴニスも)

あれ? うちでタネを蒔いたものだったか、それとも実生苗を頂いてきたものだか忘れてしまったのですが、いずれにしてもエスキュレンタ。 恐らく実生苗を貰ってきたほうかなぁ・・・・。 ま、どちらにしても実生苗です。 で、そのエスキュレンタ。 タコものユーフォらしく、やはりハダニにめっちゃ好かれまして、頑張ってメンテナンスしてた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴルゴルエスキュレンタ。

要はゴルゴニスとエスキュレンタの事です。 分かりづらくてすいません・・・・。 タコものユーフォと言われるこの二つ。 いや、タコものユーフォの中でも極々一般的なものふたつ・・・なわけですが、ある一つの特長を除けば非常に育てやすいものです。 Euphorbia esculenta 結構お気に入りのエスキュレンタ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴットレベイのキリン花

お世話になっております。 今日はユーフォルビアです。 いわゆるキリンシリーズと言われる花キリンの仲間達・・・。 の中からこれ。 Euphorbia gottlebei かなりひどい条件でもしっかり育つ、ユーフォルビア界のオオアレチノギクかムカシヨモギかっていうような品種です。 いや・・・例が良くなかったですか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラバリオイデス

某所にて頂いたタネです。 そのお宅ではクラバリオイデスのタネが採取出来る・・・と言う事で、実際に木に成ってる状態のものを頂いてきまして蒔きましたところ、発芽しました。 大株の写真をお見せ出来ないのが残念ではあるところなのですが、現在の実生苗がこちら。 Euphorbia clavarioides 数粒いただいたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花キリンの斑入りの

なんだか最近、花が咲く記事が多いですが今日もそれ。 この季節ってそんな感じなんですかね? 今日咲いたのは花キリン。 咲くことも花も珍しくもなんとも無いのですが、とにかく咲きました。 Euphorbia milii variegated いつも通りの赤い花。 珍しくはないですが、花が多い時期ではないので何となく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉ユーフォルビア

ゴットレベイです。 花キリンの仲間はかなり強健種が多いですね。 このゴットレベイもそうみたいです。 かれこれもう何年も大した世話もされないまましっかりと育ってます。 そして毎年成長期と休眠期を安定して繰り返しているので、今年もそろそろ休眠期。 と言うわけでかなり綺麗に紅葉してます。 Euphorbia gottleb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーフォルビア ミセラ

頂き物のユーフォルビア。 miseraという名前のユーフォルビアです。 冬型のユーフォなのかな? 今年も葉が出てきました。 Euphorbia misera このまま冬に成長するんでしょうかねぇ? それとも、春秋型なのかもしれませんが・・・。 何にしてもイマイチ印象が薄くて、葉もチョロチョロとしか出ないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

峨眉山!

久し振りの峨眉山! ユーフォルビアです。 ユーフォルビアの割には虫もつかないし不思議と長持ちする種類。 そして価格もそれほど高価ではないという・・・。 オススメオススメ。 そんな感じでいつのまにか育って群生になってる峨眉山。 現在こんな感じです。 Euphorbia 'Gabizan' かなり鉢いっぱいに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーフォルビアのエスキュレンタ

エスキュレンタです。 たしか・・・実生株をいただいたんだったかな? かなりお気に入りのタコものユーフォ。 Euphorbia esculenta 数々のハダニによる傷にも耐え、なんとか持ちこたえて育ってます。 常にハダニ害によってダメになるユーフォルビアがここまで持ったのはなかなか珍しい。 それだけ育成に力も入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉型ユーフォルビア バリダ

今日は玉型ユーフォルビアの紹介。 札がはっきりしないのですがたぶんバリダ。 Euphorbia valida とても縞々模様が目立つバリダです。 タネを貰って蒔いたものです。 バリダっつーことはそのうち花が咲き始めてその花殻が残って棘だらけ状態になる筈・・・。 ですが、今のところ花は1つだけ。 ま、そのうち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴルゴニスは仔が吹きます

ユーフォルビア続きですがゴルゴニスです。 ゴルゴニスは実生の株が数鉢あります。 ユーフォルビアはやはりどうしてもハダニが憑きやすいですね。 正直ハダニを集めまくるので全て無くしたいくらいの気持ちですが、ユーフォルビアの魅力の前にそれも出来ず ・・・というような状況です。 そんなこんなで普段は出来るだけハダニを寄せないよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

斑入りのフルチコーサ

ユーフォルビア続きですが今日はフルチコーサ。 柱状のユーフォルビアです。 うちにあるフルチコーサの一本は斑入りです。 Euphorbia fruticosa variegated 仔がたくさん吹いているのは先が無いからです。 これ、たくさん仔が吹くのですが、ダニが非常に憑きやすくなかなか育ちません。 こまめに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塊根のユーフォルビア

スザンナエです。 スザンナエといっても瑠璃晃ではありません。 Euphorbia suzannae-marnierae この株、何年も前に海外から輸入したものですが、輸入塊根にしては異常なほどもってます。 異常っていいかたはどうかとも思いますが、輸入塊根は長持ちしない・・・というのが定説なので(うちでは) しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キリンのお目覚め

今日もまた飽きもせず春の目覚めの記事です。 この時期はこんなんばっかですな。 今日はキリンを中心に攻めてみましょう。 Euphorbia gottlebei 毎年1番に咲くゴットレベイ。 今年もやっぱり一番手でした。 寒さに強いんですかねぇ。 そして斑入りのキリン。 Euphorbia milii…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クランデスティナ

クランデスティナ、ユーフォルビアです。 頂き物の実生苗なのですが、順調に成長しております・・・が、やはりユーフォルビア、虫が憑きやすいです。 特にハダニ系の虫が。 なにせパッと見では見えないものですから、気がついたら成長点が死んでいた・・・なんて事がよく起こります。 そうして育ったのがこれ。 Euphorbia cla…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お目覚めユーフォ

春です! まだ寒いですが植物的にはとっくに春です! ・・・と言うセリフを毎年言ってる気がしますが、植物的に春ってのは気温ではなく日照時間によるものらしいので、立春を過ぎたらきっと春なんでしょう。 そう言えば陽が落ちるのがかなり遅くなってきた気がします。 最近ビニールハウスの中ではカナヘビが1匹動き回ってます。 早目覚め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴルゴニスに仔が出来まくってる件

ゴルゴニスという名前の多肉植物はいくつかあるようですが、今日の場合はユーフォルビアです。 というよりうちにあるゴルゴニスはユーフォルビアだけです。 と言うわけでこれ。 Euphorbia gorgonis 通常のゴルゴニス。 実生の幼木なのでまだ小さいですが、ゴルゴニスです。 苗は何本かあるのですが、現在、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白樺キリンは育て方がよく分かりません

白樺キリンです。 Euphorbia mammillarisの斑入り種ですね。 この白樺キリンというやつ、肥料が多いとどんどん縦に伸びるだけ。 肥料が無いと育たない。 いまいち育て方が分からないのです。 ま、取り敢えずは生きているので良いですが、もっと太く短く育てられたらな~と思います。 で、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いくつかの塊根っぽい実生苗

塊根の実生苗です。 塊根植物と言っても、芽が出たばかりの頃は単なる細い草。 塊根かどうかの見分けがつくまでに結構な時間が必要なわけです。 その時間が長ければ長いほど、どんどん飽きてきてしまい、終いには存在すら忘れてしまう・・・と言う甘い罠が塊根実生には仕掛けられています。 ・・・・・・甘い? でも実は、忘れてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実生のタコもの?

カプトメデューサと言う名前のユーフォルビア。 立派なタコものユーフォルビアです。 画像検索してみても、立派なタコのような植物がたくさん出てきます。 そのカプトメデューサ、実生苗があるのですが、現在こんなです。 Euphorbia caput-medusae タコもの? もう何年か経つ苗ですが、いつになったらタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イルミネス実生!

イルミネスです。 ユーフォルビアですね。 Euphorbia inermis 某女史からタネを頂き、実生しているものです。 相変わらず当家の実生は鈍足ですが、それでもなんとかタコものユーフォルビアらしくなってきました。 夏にいくつか落ちましたが、それでもうちにしては良く育ってるほう。 手が掛からなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花キリン花

花キリンが咲いてます。 Euphorbia milii variegated 毎年花キリンの類は良く咲きますね。 花キリンって、トゲのある細い木って感じでそれほど興味はなかったのですが、大きい木になるとなかなか立派で素敵なんですよね。 まぁうちには大きい木はありませんが・・・。 咲いてるのは斑入りの花キリン。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦手なユーフォルビア

実は育成が苦手なユーフォルビアがあります。 飛竜です。 特に得意なユーフォルビアがあるわけでもなく、育成が上手いとは決して言えませんが、特にこの飛竜はどうしても上手くいかない・・・。 かつてうちにあった飛竜は現在こんな感じ・・・。 Euphorbia stellata つい「かつて」・・・と言う表現をしてしまい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

球型ユーフォのバリダ実生

バリダです。 昨日の瑠璃晃に引き続き実生の球型ユーフォルビア。 バリダといえば縞々模様が綺麗なのですが、子苗の今の時期、すごく目立って良い感じです。 Euphorbia valida ほら、縞々が綺麗でしょ。 大きくなるにつれ、縞々の幅は細くなってあまり目立たなくなると思うのですが、今これだけくっきりしてれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瑠璃晃には段が出来るのは何故?

瑠璃晃です。 実生の。 瑠璃晃といえば、まん丸の形のものがドラゴンボールという名でホームセンターで販売されてたりするくらい一般的なユーフォルビアですね。 サボテンみたいなのにサボテンっぽくないトゲトゲが知らない人には奇怪な形に見えるんでしょうね。 Euphorbia suzannae さて、うちでタネを蒔いて実生し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ホリダは子沢山

ホリダは毎年子沢山です。 こんな感じに・・・。 Euphorbia horrida 子供がたくさん! これを群生に仕立てるというのも大変面白そうな気はしていますが、今のところ毎年のように株分けしてます。 仔もこれだけ大きくなってるとしっかり仔に根が出てる。 さらに言うと既に親株から独立しているものすらあります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more