テーマ:アエオニウム

そんなにまだらな感じでもないのに名前はまだら黒法師

さてまだら黒法師。 昔は散々紹介してましたが物凄く久しぶりですね、たぶん。 一部を除いてベンケイソウ科の植物が一時期から比べるとかなり無くなった我が家のビニールハウスですが、アエオニウムはなんだか無くせないんですよね。 かなりモチベーションは下がったものの、いまだ健在です。 まだら黒法師 この時期のアエオニウム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

艶日傘が子株だらけに

艶日傘はアエオニウムの中でも特に暑さ負けするタイプで、夏を乗り越えるのがなかなか大変です。 斑入りのアエオニウムは全般的にそういう傾向があるみたいですね。 で、毎年ダメにしてた艶日傘ですが、今年は乗り切りました! 今まで乗り切った事が無かったので冬にどんな成長するか知らなかったのですが、グングン育って大きくなってます。 艶日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだら黒法師の株分け

アエオニウムです。 まだら黒法師は大きくなると勝手に枝を出します。 ・・・が、そこまで大きく育てたことがあまりありません。 気が向いたらすぐ切ったり貼ったりしてるので。 ・・・いや、貼ってはいないですが。 そんな感じなので、勝手にでは無く、頭を人為的に落とされて枝が出てる木がいくつもあったりします。 まだら黒法師 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アエオ!

アエオニウムです! 久々・・・ですかね。 思えば1番最初に気に入った多肉植物がアエオニウムでした。 そしてそれから数年が経ち、鉢の数は増えましたが、なんだかんだでアエオは好き。 結構な鉢数がアエオニウムです。 艶姿 ちょっと太めの葉の変わったアエオニウム。 比較的珍しいものだと思います。 君美麗 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

艶日傘の夏越え

アエオニウムです。 ベンケイソウ科の安価な多肉植物は、置き場所の関係でうちのハウスからは殆ど姿を消しましたが、アエオニウムだけは何故か未だに数種類維持しております。 やっぱり何となく好きなんでしょうね。 そんな中で何度挑戦しても夏に溶けてた艶日傘。 秋の終わりになって姿が見えなかったので、今年もやっぱりダメだったか・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏のアエオ

アエオニウムと言えば冬の植物です。 と言っても、日本では夏は育たないので何となく冬に・・・と言う感じになってしまっているだけで、原産地の事はよく知りません。 ちょっと調べてみると、カナリア諸島の年間最低気温は15°C前後、最高気温は27°C前後。 なんて羨ましい気候だこと・・・。 さて、そんな感じなので日本の夏はアエオニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アエオニウムはもう棚下にしか置きません

アエオニウムです。 毎年購入しては夏にダメにしてしまうアエオニウムがこれ。 艶日傘 綺麗なんだけど暑さに弱いです。 これを上手く育ててる方がいらっしゃいまして、この艶日傘もその方の苗なのですが、ある時その方に日陰に置いとけば良いと言われまして去年は日陰に置いてなんと無事夏を越えました! しかし・・・夏越えたと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お外のアエオニウム

露地植えのアエオニウムです。 露地植えコーナーについては以前にも紹介してると思いますが、数本のアエオニウムが植えてあるんです。 今植わっているのは普通の黒法師とまだら黒法師。 寒さには弱いと言われるアエオニウムですが・・・・。 Aeonium arboreum var. rubrolineatum まだら黒法師…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の地植えコーナー

冬です。 今年は今のところ例年よりは暖かいような気がしますね。 今年は暖冬だそうですが、暖冬の年は大雪が降るとか、寒暖の差が激しいとか色々と嫌な情報も聞きます。 平年並みでも寒暖の差が緩やかなのがいいなぁ・・・。 さて地植えコーナーです。 屋外の露天の花壇なので寒さに滅法強いセンペルなんかがジワッと植えられてたりします…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アエオニウムず!

なんか久々な気がする属特集! 最近、属で集めるって習慣が無くなったので同属の種類数ってのは減ってきてるんですよね。 むしろ一属から良い部分だけ買い揃えたらもういいや・・・って感じになってるので。 そんな中でもアエオニウムはまだ結構取り揃ってます。 なんだかんだで好きなんやね。 と言うわけでアエオニウム特集。 Ae…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のまだら黒法師

毎年そこそこに良い状態を維持してきたまだら黒法師。 挿し木株がどんどん増えたりしていたのですが今年はちょっと事情が違います。 実は置き場所を変えたんです、春に。 今までの場所は半室内・・・と言うかサンルームの中だったのですが、今年はビニールハウスに移動させました。 何故なら干してある洗濯物が当たったりして折れる事が相次い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

露地植えコーナー 2015

さて、久しぶりです露地植えコーナー。 最近どうしていたかと言うと・・・正直、あまり活用してません。 何故かと言うと・・・要するに・・・飽きてしまったんですね^^; 春先に植えこむのは良いです。 地植えパワーはなかなか凄いもので、成長力の面で結構良い結果も出ます。 そして秋に・・・・室内に取り込むために抜かないといけない…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

続 今年のアエオニウム

さて、昨日の続きです。 唐突に続きを書こうと思ってしまいました。 紹介しきれてないアエオがまだまだあるなぁ・・・と思って。 でわ早速。 Aeonium ‘Dasyphyllum’ Banares ('Merky' ) メルキーだかマーキーだか、そんな感じの通称が付いてます。 葉の表面は薄っすら毛がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のアエオニウム

アエオニウムです。 今年もまだら黒法師は絶好調です。 Aeonium arboreum var. rubrolineatum でも、毎年株分けしては里子に出し・・・・を繰り返していたら、基本となる大株が無くなって来てしまいました。 仔をたくさん吹いた、枝も細くてあまり観賞価値の無い株はたくさんあるんですがね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉ツアーと言う名目で仲間内で二和園に行ってきました その二

さて、昨日の続き、購入品とその後です。 とっとと購入品から行きましょう。 いや・・・・たいしたものは買ってないのですが・・・・。 Aeonium urbicum 'Sunburst' 最近ちょっとアエオニウムに対して適当に扱い過ぎたかな~と言う思いから全般的に買いなおして・・・・と言う感じで。 いや、そもそもア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実生の君美麗

アエオニウムの実生をしました。 数種類蒔いたのですが、今日はその中でも君美麗。 日本には古くからある原種ですがここ数年は市場で見たことは無い君美麗。 ま、アエオニウム自体の需要が少ないのが原因かもしれませんがね。 黒法師なんかのホームセンターでも買えるようなものは普及してますが、基本的に多肉屋はアエオニウムなんかのベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよアエオニウムの季節

さて、秋です。 最近毎回この始まりですが・・・・。 そして秋と言えば、題名にも書いた通りですがアエオニウムの季節! 秋=食欲 秋=読書 ほどの知名度は無いですが、自分の中では 秋=アエオニウム です。 アエオニウムの秋! 飽きっぽい自分ですが、アエオニウム好きが長持ちしている一番の要因はこれでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AEONIUM始動!

この季節、まぁおおかた想定されたであろう記事がやってまいりました。 アエオニウムがお目覚めです。 と言っても、夏だからって葉が無い訳ではないので、目覚めと言うよりはやっぱり始動って言葉のほうが合いますね。 でも全部が全部葉があったわけではないです。 暑さにやられて葉が無くなってしまった者もちらほら・・・・。 これも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおきなまだら黒法師

気がついたらまだら黒法師が大きくなってました。 今まであまり大きくしようと思って育ててなかったので、こんなに大きくなる前に切っちゃってたんですよね。 いつもの置き場所は暑さも寒さも控えめのサンルームの中なんですが、サンルームは洗濯物も干す場所。 下手すると大きい株は洗濯物が当たったりしてたまに折れてたりするので、せっかく大きく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斑入りで綴化のアエオニウム

斑入りで綴化と言うと、結構珍しいものでお値段も相当するんじゃないか・・・・なんて気がしてしまいますが、これはそんなことはありません。 過去に何度も紹介してますが、サンバーストの綴化株です。 サンバースト Aeonium urbicum Sunburst ま、これだけ年季が入って大きくなってるとそれなりの物かも知れません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アエオニウムは結構放置です

という訳でアエオニウムです。 アエオニウムの育成はご存知の通り難しくないです。 基本は植え替えさえしてれば水遣りだけで充分育ちます。 ただ、毛細根がどんどん成長するので植え替えはしましょう。 一年でいい感じの根鉢が出来上がります。 とまぁそんな感じで簡単なアエオニウムですが、よく店で売られているような一輪挿…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

実生のアエオニウム

アエオニウムの実生苗です。 タネを購入してうちで蒔いたものです。 アエオニウムの実生・・・・実は結構難儀なもので、何が難儀かというと気力が続かない・・・と。 それは何故か・・・。 まずタネの発芽率はかなり良いです。 そして発芽と同時にぐんぐん伸び始めます。 ある程度の高さまで伸びたところで頭が重くなって横倒しにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだらの黒いお坊様

と、へんな題名をつけてしまいましたが・・・・・。 要するにまだら黒法師です。 アエオニウムです。 今まで幾度となく紹介してきましたが定期記事のようなものなので気にしないでください。 特に何か特別なことがあったという訳ではありません。 そんなどうでもいい記事ですが気が向いたら読んでやってくださいませ。 っていうかこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビックバン予備軍

秋が深まるにつれうちのアエオニウム達もだんだん乗ってきました。 ところで何度か紹介しましたがこんなアエオニウムがあります。 カシミア黒法師 Aeonium cv 葉が一部色落ちして斑入りのようになってるカシミア黒法師。 これをもっと鮮明にして増やしたものがビックバンと言う名前で売られているものだと思います。 カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の始めのまだら処理

毎年の事ですが今年もやりました。 ブログも長くやってると何度も同じような記事を書いてる気がします。 ま、そういうブログなんでひとつ。 いや、長いってほど長くもないか。 さて本題。 気候が涼しくなってくるとアエオニウムが動き出します。 ほら。 まだら黒法師 Aeonium arboreum var. ru…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初夏のアエオ

さてアエオニウム。 当然の事ですがアエオニウムはこれから休眠期です。 いや、寧ろ休眠期にとっくに入ってると言っても良い。 でもそんな時のアエオもこれはこれでなかなか良いんです。 寧ろ成長期の冬よりガッチリ締まっててかっこいいかも! 艶日傘 Aeonium arboreum variegated 冬の間はも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドドランターレの開花

ドドランターレです。 要するに、もとグリーノビア ドドランタリスのことですね。 現在はアエオニウム ドドランターレに変属されてます。 そのドドランターレ、急に真ん中の一本だけが延び始めました。 ぐんぐんぐんぐん伸びる伸びる・・・・。 アエオニウム ドドランターレ Aeonium dodrantale そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビッグバン予備軍

冬に買ってきたアエオニウム。 カシミアブラックなのですが、購入時の状態がこんな。 カシミアブラック Aeonium KashmirBlack あまり良い写真では無いですが、見ての通り緑のラインが入ってます。 そしてこの時点では根が無い状態。 ただしこれ、恐らくはこのまま育てたらせっかくの緑のラインは無くなってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実は今が一番の旬 アエオニウム

冬型とされる多肉植物の多くは実は春秋型です。 基本的に植物は寒いと成長しないからです。 もちろん、ヒーターなどを使用してそれなりの気温を維持出来ているなら話は別ですが、通常の育て方(ビニール一枚くらい)だと余程寒さに強い一部の種類を除いて殆どは真冬には成長しません。 逆に夏型と言われる多肉植物にも似たような事が言えるのです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

変わり明鏡

今日はアエオニウム。 明鏡です・・・・・・・・・が。 実はうちの明鏡、去年の春に花が咲きまして、そのままお亡くなりになりました・・・。 いろいろ手は尽くしたのですが、最終的には☆に・・・・・・・・。 やっぱりアエオニウムは花が咲くと終わりなんですねぇ。 明鏡 Aeonium tabuliforme 最近巷でも珍し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more