バンバレニーは子供の頃が赤いです

ホントはそんな事は無いんですよ。
常赤なのがバンバレニーと言うアロエの特徴なのですが、うちではその特徴がなかなか出てきません。

やっぱり赤いアロエは赤くないとね!・・・と思い色々と試してみてはいるのですが、なかなか色が出てこないのが現状です。

基本的にうちに居るバンバレニーはうちでタネを蒔いて育てたものです。
一本だけ自分で蒔いたものでは無いのがありますが、あとは殆ど自家実生。

タネは買ったものでしてうちで採れたものではありません。
色々な場所から買ってますが、おそらく出所は一緒なんじゃないかと・・・・・。
どこかでバンバレニーのタネを採ってるファームがあって、そこからの仕入れ物・・・なんじゃないかなぁと思ってるのですが憶測です。
詳しいことは知りません。

ただ、色以外はバンバレニーの特徴と一致するので、タネが偽物・・・と言う事は多分無いのではないかと思ってます。

で、いちばん最近に蒔いたのが昨年なのですが、その苗が赤いんです。

Aloe vanbalenii
画像


色の出かたにしても寒さや栄誉不足によるストレス色・・・と言う感じでは無く、バンバレニーらしい赤な感じがします。

とは言え、自分がそう言う気がしてるってだけで、実際には弱い幼苗期だからこそ寒さに当たっての発色なんじゃないかなぁ。
要するに発色させるにはもっと寒さに晒した方がいいのかしら?
十分寒さには当たってる気がしなくも無いのですが・・・・。
ハウスから出せってことか?
いやいや、ハウス内で発色してるバンバレニーは世の中にごまんとあるぞ・・・・。

ちなみにもうちょっと大人の株はこんな感じです。

画像


棘だけはしっかり赤くなりました。

画像


これはこれでメリハリがあって凄くきれいだな~・・・・と思うのですが、バンバレニーと思うとなんだか物足りない・・・・。
せっかく綺麗なのに嬉しくないと言うバンバレニーならではのサガです。


過去数度に渡って赤いアロエが赤くない記事を書いてきましたが、そんなこんなで今回も発色原因は良く分からないまま終わることと相成ります。
あしからず・・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック