どうしてもルンヨニーに見えない不明種

ルンヨニーは非常に一般的なエケベリアです。
群生って感じになる程では無いですが、比較的増えやすいし葉挿し成功率も高いです。

一時期うちでは至るところにルンヨニーがあったりした関係で扱いが雑になってたりするのですが、ちゃんと育てればそれなりに綺麗なエケベリアです。
これね、これがルンヨニー。
Echeveria runyonii
画像


気が付いたら結構少なくなってたけど、またジワジワと増やそうかしら。

ところでルンヨニーだとは思うのですがいまいちルンヨニーに見えないエケベリアがひとつ。
これ。

画像


ルンヨニーっぽいですがルンヨニーには赤色の要素は殆ど無いので断定するにはちょっと自信が無い・・・。
かと言ってルンヨニーの葉が焼けて変色してるだけと言われればそんな気もする。
でも葉の長さや分厚さが違う感じもする・・・。

記憶が薄いのですが、たしか棚下に落ちてた葉から芽が出て、棚の外までヒョロヒョロと伸びて顔を出していたものを鉢に植えてあげたもの・・・と認識してるのですが・・・。
そしてその頃はかなりルンヨニー的な顔をしていたのでルンヨニーだと思っていたのですが・・・。

違う?

違うと言ったところで、他に何?と言われても思い当たるものがありません・・・。
エケベリアでこんな感じのもの・・・。
色々と思い付きはしますが、かつてうちに存在していたものとして考えるとやはりルンヨニーしか無い気が・・・。
ローラ?
いや・・・・ルンヨニーのほうが近い気が・・・・。

ま、もうちょい様子を見てから判断しますか。
なんだろね、これ。
花が咲いたら分かるかしらね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

草千里
2015年12月08日 09:44
こんにちは。

エケベリア属を調べていますが、ざっと500品種(と言ってよいかどうか)ありますよ。
学名、和名、流通名に簡単な特徴などを付記したら、膨大な原稿になります。

ネット通販では、品名な異なるのに同一の画像としか思えないようなのが、ズラリと。

半年前に480円では売れ残っていたのに、今は1980円で品切れ状態とは、異常ですね。『沙羅姫牡丹』など280円ならば、買ってもいいかなあと思えるのに、今は9800円でも物がない。オークションでは、18500円で落札されたものも。ま、転売する目的なのでしょうが。
“魔の手”は、アロエ→メセン→アガベ→ユーフォルビア→コーデックスへと伸びて来ていますね。

札のないエケベリアは、わかりませんねえ。個体差もあれば、季節ごとに容姿が変わり、育つ環境で変化もする。

それは『ルンヨニィ』ですよ。個人的には、葉が山折り“∧”の『トップシーダービー』の方が好きですが
2015年12月10日 03:57
>草千里さま
やっぱりルンヨニーですか!
良かった良かった。
エケベリアも交配種がどんどんどんどん出てきてわけが判らなくなってますよね。
それほど深く入り込みたいと思えるジャンルでも無いのである程度で潜るのをやめました。
そんな中でももはや貴重にすらなりつつあるルンヨニーのような原種。
面白みは少ないのかもしれませんがいつまでも残っててくれると良いなぁ・・・なんて思ったり思わなかったり・・・。
そんな感じです。

この記事へのトラックバック