トリステはちゃんと生きてるみたいです

ペラルゴニウムです。
トリステはペラルゴニウムの中でも塊根が大きくなることで有名ですが、ある程度見栄えがするくらいになるまでには相当な年月がかかります。

手っ取り早く塊根を楽しむには、大きい塊根の株を買うのが1番なのですが、結構高価。
小遣いがスズメの涙な自分としては、そんな高価なものを買えるはずも無く、つまりうちのトリステの塊根は小さいです。

Pelargonium triste
画像


しかも生きてるのかどうかも分からない程に鉢の中身は土だけしか見えない状態から・・・。

画像


葉が出てきました!

生きてた!生きてたのね!

と、毎年こんな調子なので全然成長しません。
成長期が春秋に限られていたり、更に酷い年は秋だけなんて年もあったりで全然全然成長しません。

土の上に塊根が飛び出るほど大きくなるまでに何年かかるんだろう・・・。
遠い遠い先の話だね・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック