テーマ:ギムノカリキウム

翠晃冠錦!!?

翠晃冠です。 実生の。 ご存知の通り、斑入りの翠晃冠は錦が付いて「翠晃冠錦」という名前になりますよね。 Gymnocalycium anisitsii f.variegata 実生で斑入りがちゃんと育ったケースはうちでは珍しい。 ゼロでは無いですが・・・・。 やっぱり斑入りって弱いんですよね。 うちみた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翠晃冠の実生苗

今日は実生のサボテン。 翠晃冠です。 蒔いたタネは翠晃冠錦、つまり斑入りのタネを購入して蒔いたのですが、ご存知とは思いますが必ず斑入りになるとは限りません。 寧ろタネによっては全然出ない事の方が多いくらい。 斑入りが出たらラッキーってくらいのもんです。 そんな今回の実生苗。 以前にも少しお伝えしてますが・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斑のない緋牡丹錦

今日は実生の緋牡丹錦。 以前にもお知らせいたしましたが、昨年蒔きの実生苗はほぼ斑が出ませんでした。 気分的には緋牡丹錦に斑が出なかった時点でもう要らないもの・・・となってしまうのですが、ちょっと良い感じのものもあるんですよね。 これとか。 Gymnocalycium mihanovichii ちょっとピンクがか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サボテンの実生

サボテンです。 最近サボテン人気はすっかり下火になっているようですが、根強いファンはまだまだ居るようですね。 どうしても棘があるところが敬遠されているようですが、そこが良いところなのにねぇ。 と言う訳で何だかんだでやめられないサボテン。 地味に実生しています。 先日紹介したこの翠晃冠もそうですが・・・・。 Gym…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実生翠晃冠(かろうじて)錦

おはようございます。 さて今日は実生のサボテン。 サボテンも時折タネを買って実生するくらいの興味はあります。 今日の実生サボテンは翠晃冠錦。 ご存知の通り名前に錦が付く場合、斑入りなのですが・・・・・。 Gymnocalycium anisitsii f.variegata こんな感じです。 もちろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり緋牡丹。錦に非ず。

お疲れ様です! 今日は実生の緋牡丹錦。 前にもお伝えしましたが、同じような記事ですが、だいたいハッキリしたところで再度お知らせです。 この鉢の木は、写真だと全然わからないですが、実際に見るとかなりピンク掛かってます。 Gymnocalycium mihanovichii そのピンク色が一体何なのか良く分かり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実生の緋牡丹錦をそろそろ植え替えます

今日は緋牡丹錦です。 昨年蒔いた実生の緋牡丹錦。 ちょっと前にもお伝えしましたが、現在の状態は単なる牡丹玉のように育ってまして、今後斑が出てくるのがどうかが全く分からないというような状況です。 ほら。 緋牡丹錦 ほら。 これだけ唯一、斑入りが出ていますがまだ全然小さい。 それにちゃんと育…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緋牡丹錦の子供

緋牡丹錦のタネを蒔きました。 緋牡丹錦の・・・といいましたが、要は緋牡丹錦から採れたタネを蒔いたという話であって、緋牡丹錦が育つわけではないと言うのは周知の事実。 錦と言うのは斑入りを表す名前ですが、必ず斑が出るとは限らないですよね。 とは言え、緋牡丹錦はかなり固定された品種で、緋牡丹錦から採れたタネは斑が出る確率がかなり高い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまにはサボテン!

たまにはサボテン特集! サボテンもかなり少なくなってきましたので、特徴のある種類や好きなサボテンしか残ってません。 そんな中からいくつか。 まずはこれ。 斑入りの不明種です。 が、この度聞き込みによりある程度判明しました。 ギムノカリキウムですね。 その中でもおそらくは 天柴丸 Gymnocalycium pf…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斑入りのサボテンたち

さて本日はタイトル通り斑入りのサボテン。 サボテンもかなり減りましたが斑入りのものは残してあります。 般若錦 Astrophytum ornatum variegated かなり昔に購入したもの。 うちに来てもうウン年って感じですがたいして育ってません。 やっぱり斑入りだと成長遅いよね。 バッテリー錦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少しだけ頂き物。

本日は個人目的の記録・・・・のようなものです。 読んだところであまりお楽しみいただけないかもしれませんが、写真を関連付けて記事にしておかないと忘れてしまいそうで忘れてしまいそうで忘れてしまいそうで・・・・・。 そう言う訳ですのでご了承くださいませ。 ・・・・っていまさら断ったところでこんな記事今まで何度もあったし、こんな記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりに球サボテン!

そう言われてみれば・・・いや何も言われてませんが・・・気が付けばうちにはサボテンがめっきり少なくなってました。 ある日ふと気が付いた。 昔はもっとあった気がするのに・・・ 時代の流れかねぇ・・・ それとも、サボテンから入った多肉植物趣味もハマればハマるほどサボテンでは無いものを求めるようになって行くのかねぇ・・・ そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緋牡丹錦のぬし

うちには緋牡丹錦がたくさんある・・・・・と言う記事を昨日は書きましたが、その中でも一番古株の紹介です。 いつ頃うちに来たかは良く覚えてませんが、ブログを遡ると2009年頭くらいかなぁ・・・・。 買ったときはこんな感じ。 緋牡丹錦 Gymnocalycium Hibotan Nishiki 斑周りこそそこそこですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緋牡丹錦がたくさんあります

昨日に引き続きまして、なんとなく斑入りのサボテンの続きです。 うちには緋牡丹錦がたくさんあるんです。 斑周りの良い感じの緋牡丹錦を求めて、ある時期何本も買ってた頃がありまして・・・・・。 と言っても最初から斑周りの良い親株を買うと高いので、良くなりそうな幼苗を先物買いで大量に買ってました。 まぁ大量って言っても10本ちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斑入りのサボテン

冬は斑が綺麗な季節です。 サボテンに限らず・・・・ですが、本日はサボテン中心に。 金鯱錦 Echinocactus grusonii variegated 買ったとき握り拳くらいだった金鯱。 思えば結構おおきくなりました。 今は・・・・・・メロンくらいはあるかな。 斑入りでも金鯱は流石に成長早いのね・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリオシケとケロイド病(南米病)

エリオシケ属というサボテンの属があります。 自分は今まであまり注目したことが無かったのですが、実は幼苗を頂きまして・・・・。 Eriosyce crispa ssp. huascensis FK74(Huasco) 実は頂いた時に手書きの難札が刺さってまして、それを元にこの札を作ったのですが、正確には上の名前が正し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハダニの薬

気がついたら成長点が死んでいる・・・。 そんな事の原因が主にハダニやアカダニの仕業だと言う事をつい最近知った初心者です、おはようございます。 この度もまた、成長点がかなりえぐられた緋牡丹錦を見付けたのでハダニの薬を撒いておきました。 緋牡丹錦 Gymnocalycium mihanovichii var. friedric…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

緋牡丹錦の糊斑!?

明けまして新年になりましたね~。 今日は・・・って言うか元日の今日は物凄く暖かくて、ビニールハウスの中に居ると汗だくになるくらいでしたよ。 冬至も過ぎて、気が早い植物は既に春に向けて動き出してきました。 まだまだ寒い時期はこれからなんですけどね~。 さて新年一発目。 おめでたいって事で錦な感じで。 なんだかこのブログ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緋牡丹錦

うちにはたくさん緋牡丹錦があります。 それは何故か。 二和園で指先程の大きさの実生苗をつい買ってしまうから。何度も。 なぜそんな実生苗を買ってしまうか。 将来を期待して先物買い・・・な訳ですね。 その方が安いしね。 ところが斑と言うのは成長すると変化します。 買った時、これは!と思った苗が気が付いたら面白くない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

千葉の二和園と言うところに行ってきました

え~と、今日は千葉県にある、ある温室に行ってきました。 多肉マニアはご存知の方も多いかと思いますが二和園という温室です。 いや~、素晴らしい温室でした。 サボテンや多肉植物が盛り沢山! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ま、いっか。 購入品の紹介いきます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

緋牡丹錦

緋牡丹錦と言えばギムノカリキウム。 個体によって斑回りが全然違ったりして、その斑の良し悪しで値段もピンからキリまで・・・と言う代物ですが、うちの緋牡丹錦、どんどん斑が消えて牡丹玉に近くなってきました。 緋牡丹錦 Gymnocalycium mihanovichii var. friedrichii 'Hibotan Nishiki'…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

風が強い日(二和園)

今日は風が強かったですね~。 まさに春の嵐って感じで、夜の間からビュービュー言ってて怖いくらいでした。 まぁ風対策はそれなりにしてありますのでそれほど大きな心配はしてなかったのですが、朝起きたら簡易温室がこんなになってました。 あ~、もう春なのでいいんだけど、このビニールはもう使えないですねぇ・・・。 ふと気づくと中…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

タネが穫れました

さて、今年はいくつかのサボテンでタイミング良く花が咲いたりしたので、そのいくつかのサボテンでコチョコチョやって結実なんかを目論んでみましたが、あまり成功率は高くはなかったですねぇ。 数少ない成功事例ですがお知らせまで。 ランポー玉と兜丸できっと結実するだろ・・なんて軽いノリでコチョコチョしておきましたら、ある日こんな事に・・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

海王丸、生きてた!

海王丸です。 ギムノカリキウムですね。 艶々緑の地肌に蜘蛛の足を思わせるような金色のトゲが張り付くように生える、とても綺麗なサボテンです。 この海王丸、冬に明らかに調子を崩しました。 こんなにブヨブヨに・・。 海王丸 Gymnocalycium denudatum var. paraguayensis  いや、ブ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

緋牡丹錦にタネ出来た?

さて今日は、気付けばなんだかうちにたくさんある緋牡丹錦です。 まぁたくさんあるって言っても殆ど幼サボテンなんですけどね。 そんな中でも唯一幼サボテンじゃないのがこれ。 緋牡丹錦 Gymnocalycium mihanovichii var. friedrichii 'Hibotan Nishiki' 毎年2~3輪咲い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ついでなので残りの二つも

紹介しておこうかと…。 え~と、昨日の記事の続きみたいなものです。 3本セットの残り2本。 まずはバッテリーから。 バッテリー Gymnocalycium vatteri バッテリーね、好きなんですよね~。 基本的にギムノカリキウムって好きなんだけど、バッテリーも例外無く(^o^) 以前放置プレイの記事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

緋牡丹錦ズ

かつてまだサボテンの相場なんて知らなかった頃、サボテン3本セットってのをヤフオクで落札した事があります。 既に記憶が薄いのですが、確か………ギムノカリキウム3本セット。 今にして思えば何となく奈良研さんっぽいセットですが、奈良研さんの名札は付いてなかったなぁ。 で、セットの内容と言うのが、バッテリーと緋牡丹錦と眠獅子。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

放置美(その他編)

さてさて、昨日ハオルチア編をお送りしました放置美のその他編です。 うちの放置美と言えばもうこれしかないでしょ! 南十字星 Crassula perforata ' Variegata めっきり放置っぱなし伸びっぱなしです。 凄い伸びましたよ(^^;) 先もどんどん分かれて上から見るとこんな状態。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

強刺の魅力

先日、なんだかチョロっと二和園に行きたくなって夕方から出掛けて暗くなる前にいそいそと帰って来た事があったのです。 そもそも朝から行く予定だったのですが、同行者が急な体調不良になり中止。 なんか行く予定だったのが行かないってなると何だかソワソワしたりして結局行っちゃいました(^^;) で、その時に買ってきたのがこれ。 フェ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

稜が増えるって…

なかなか長期飼育は難しい…と噂のある緋牡丹錦。 実際どうなのかは分かりませんが、元気だと思っていたうちの緋牡丹錦、ちょっと難が出てきましたよ。 この辺に…。 緋牡丹錦 Gymnocalycium mihanovichii f.variegata なんでこんな場所(^^;) 何となく萎んで黒ずんでます。 まぁ恐…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more